« LOVEエコ マーケット | メイン | 尖閣事件 »

さっちゃんのまほうのて

18年くらい前にこの絵本を妻が買ってきて、以来、子供たちに何度も何度も呼んで聞かせた。

さっちゃんは生まれつき片手に指がない障害を抱えており、それでも元気いっぱいなのだが、ある日学校でそのことをからかわれる。
うちに帰ってお母さんになぜ自分だけ違うのかを問う娘に、お母さんが涙しながらも淡々とわかりやすいように答えるところまでくると、この答えにたどり着くまでに、どれだけか背負ってきたであろう思いが胸に迫り、泣きそうになってくる。
何度読んでも必ずそうなるので、震えそうな声を抑え、涙を飲み込んで何とか最後まで乗り切る事の繰り返し。

これが黙読だったらそうまで無いのかもしれないが、子供たちに読んでやるときは、どの絵本も内容が伝わりやすいように気持ちを込めて読むのでなおさらそうなのだろうか。
しかし、さらりと読み進もうとしてもやっぱりそうはいかないのである。
子供たちにはずいぶんいろんな絵本を読んでやったが、読むたびに泣きそうになる絵本はこれだけであった。

折に触れ、この絵本の事を思い出し、最近はまた特に思い出すことが多い。
あんな風に感じ、18年経った今も鮮烈に思い出すのは、中身にそれだけのものがあるからに違いないのだろうと、お母さんの言葉に込められた現実の重さと深い愛情と、そしてその現実を受け入れている前向きな軽やかさとを思う。

そんな思いをしながら読み聞かせたこの絵本の伝えるものは、子供たちの形成されつつあった脳のシナプスパターンの中に、きっとしっかりと織り込まれているに違いない。

そんな事を思いながら、この絵本の事をみんな知っているのだろうか、知らないのなら是非知って欲しいと、先ほど初めてネットで検索してみたら、何度読んでも、お母さんが娘に答えるくだりを途中で息を整えずに読み進むことが出来ないのは何も自分だけでは無かった事を知ることになった。

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/403330410X/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shikkui.com/mt/mt-tb.cgi/131

コメント (4)

昨日は、打ち合わせお疲れ様でした。
僕はこの絵本は、読んだことがありませんが、お気持ちはよくわかります。
加齢による涙腺の緩みとは違う、感情の乱れは年齢にかかわらずありますよね。
絵本で言うならば、僕はGIving tree(邦題:大きな木)です。これは、過去僕が読んだ絵本の中では最高で、いつも何冊か常備しておき、ときどき人に上げているほど。思い出しただけで涙が浮かびます(笑)。今度、差し上げますね。

いつか、田川産業の成功で、涙腺を緩めてみたいサポーターより。

諧 広司:

さっちゃんのまほうのて 早速注文しました。私も昔海外の
食品工場で珪藻土をロ材として毎日使っていました。この度は縁あって御社の壁材を使用し田舎の仲間があつまるサロンが3月末までにはできる予定です。心のこもった作品の中で癒される幸せ本当にありがとうございます。

                       
                諧 広司(かのうひろじ)

yukihira:

諧様

当社の製品を使っていただいているんですね。
ありがとうございます。
田舎の仲間があつまるサロンってどんなところなんでしょうね。
行って見てみたい気がします。

そんな思いで使っていただける製品も幸せです。

yukihira

匿名:

田舎の仲間は東京岳陽会29期です。2008年の総会ではお世話になりありがとうございました。我々メンバーが夢見るチカラの一助になれば幸いです。昨日多田さんに、後藤寺
小学校のこども達の笑顔の写真を見せてもらいました。こちらまで、なんだかうれしくなりました。
                       かのう 

上京の際はぜひいらしてください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年6月 3日 00:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「LOVEエコ マーケット」です。

次の投稿は「尖閣事件」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。