メイン | 2008年3月 »

2008年2月 アーカイブ

2008年2月20日

田川の石灰山


sekkaizan.jpg

田川には石灰の山がある。
白い石の山である。
田川の黒い石、石炭はあまりにも有名だろう。
その黒い石のボタ山が家のすぐ近くにあって、小さい頃から毎日のように登って遊んでいた。
同じように白い石の山にもしょっちゅう登っては青い水と青い空を眺めていた。

町の真ん中を流れる川は洗炭で真っ黒だった。
小さい頃、その川が真っ黒い事には何故か何の違和感も無かった。
それでも家の裏の本当に小さな水路は透明で、砂地からシジミや烏貝が採れた。

石炭の町田川を舞台にした五木寛之の「青春の門」に出てくる香春岳も白い石の山だ。
昔から人は石炭と石灰を田川の黒ダイヤ・白ダイヤと呼んだ。
その名を冠した羊羹もある。

田川の黒い石は終わりを告げたが白い石はまだ生きている。
どちらも生物起源であるという不思議な縁。
色々と回り道もしたが、小さい頃から慣れ親しんだ白い石に帰ってきた。

白い石、石灰はむかしシックイと唐音で呼ばれており、漆喰と当て字された。
その証拠が長崎の本石灰町の来歴に残っている。
漆喰の世界を探って行くと広く、深く、古くて、新しい。
そして、今、漆喰で世界を駆ける夢を見ている。

About 2008年2月

2008年2月にブログ「夢見るチカラ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2008年3月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。